熊本県民新聞 WEB版
本紙の信条

トップページ
購読のお申込み
秘密厳守します!情報をお寄せ下さい。
コラム
バックナンバー
お問い合わせ


■ 発 行 所 ■
〒860-0844
熊本市水道町1-27

発行者:福島 宏

電話:(096)354-8439
FAX:(096)354-8440


* コラム [毒含流行論]
2015年7月号掲載
三選狙う蒲島県知事
9月議会で表明の茶番

 来年2月の知事選に向けて既に水面下では激しい前哨戦が始まっている。現職蒲島知事は3選出馬を明らかにしていないが、側近中の側近と云われる村上寅美県議が盛んに動き回っている。2カ月前程の話「村上県議が幸山氏と一緒になった際『あたは知事選に出っとな』と直接聞いていた」と某氏が語った。勿論幸山氏は「まだ決めていません。国もありますから」と無難に答えていたという。

 最近「幸山元市長は野田毅先生の跡を襲って2区から衆院を目指す」という噂が巷に流れている。その噂の元はと云えば、蒲島知事の忠犬ハチ公ならぬトラ公が流しているのではないかという人物に辿り着いた。他方幸山政史氏は「数人単位の集会や、小さな講演を細目にこなしている」と云われる。出身の済々黌高校OB会も動きを活発化させている。某OBは「これまで熊本市長は済々黌出身が抑えていたが、大西市長で変わった。市長か知事は是が非でもわが校OBを据えたい」と話す。1年程前小紙は「幸山市長は県知事選に出る為4選出馬を中止した」と報じた。その主張は今も変わらない。必ず幸山氏は知事選に臨むだろう。この二人が対決すれば県民の関心は弥が上にも高まり、投票率も少しは上がるのではないか。但し、両人とも熊本県にとって「必要とする人材」でない事は確かだ。

 蒲島知事の唯一の功績はくまモンキャラを全国に拡げた事位か。「くまモン知事」と呼ばれ、事ある毎にくまモンと写真に収まっている。カバとくまは取り合わせがいいのか。あと一つの功績を忘れていました。それは蒲島知事が強敵「熊本県民新聞」と筆者を名誉毀損で民事提訴して完勝した事である。僅か10数行の噂話を書いた小紙だが、「県知事に訴えられる程大物になった」と自画自賛している今日此の頃である。

 幸山元市長にしても秘書と懇ろになり、公費によるラブラブ旅行を行った強者。市長の座を去るに当たってMICEなる箱物造りを遺した。3期12年の実績は?と問えば政令市に移行を実現した位だが、今日に至って「政令市のメリットを市民は感じない」という声が大きくなっている。池田女史との仲も切れていないらしく、目撃情報が寄せられている。
最新コラム | 過去のコラム一覧





素行・不倫調査専門 実績と信頼の会社です

創業以来三十八年、熊本市で一番古い探偵社として地元企業からの特殊調査依頼や、弁護士からの依頼を受けております。
一般の人々からも「安心できる探偵社」として厚い信頼を得ております。
調査相談でよく「素行調査で七十万円払ったが結果が出ない」とか「最初に約束した金額を培に上げられ払わないと訴えると脅された」等があります。この悪評は残念ながら事実です。熊本でのパイ(調査依頼人)は限られていますが、業者が多すぎるのです。従って依頼人一人から出来るだけ高い調査料を取ろうとするから自然と料金を高く吹っ掛ける訳です。
当社は、調査を受ける時上限の金額を決め、期間が長引いても同額で結果が出るまで調査を行います。相談は一切無料、秘密厳守です。

水道町電停前 (有)アサヒ調査 電話354-8436番



*
  * *