熊本県民新聞 WEB版
本紙の信条

トップページ
購読のお申込み
秘密厳守します!情報をお寄せ下さい。
コラム
バックナンバー
お問い合わせ


■ 発 行 所 ■
〒860-0844
熊本市水道町1-27

発行者:福島 宏

電話:(096)354-8439
FAX:(096)354-8440


* コラム [毒含流行論]
2009年9月号掲載
民主新政権 おぼつかない公約実現

鳩山政権が誕生してやがて一ヵ月、公約実現に向けてのパフォーマンスばかりが目につき、政策全体が地についた動きをしていない。

小紙は鳩山内閣が社民、国民新党と連立を組めば必ず齟齬をきたすと論じたが、予想通り鳩山内閣は社民党から福島党首、国民新党から亀井代表の入閣を求めた。福島は消費者・少子化担当相、亀井は郵政改革担当相に任命され、ほくほく顔だ。福島も所詮・普通の女aだったのか、新内閣発足のお披露目には赤を基調にした豪華なスーツで臨んだ。以後の記者会見は笑顔笑顔で大臣就任の喜びを隠せなかった。かつて顰めっ面で麻生首相を攻めまくっていた面影は何処を探しても出て来ない。

目立ちたがり屋のトップは前原国交相か。大臣就任直後に発した言葉が八ツ場ダムの建設中止。続いて川辺川ダムも中止すると明言した。中止、存続の基本となる知識もないままのパフォーマンスである。加えて副大臣の一人に辻元清美の起用を促し、社民党は大混乱の裡に辻元の副大臣就任が決ってしまった。辻元は、あの悪名高いピースボートを大学時代から主催しており、夫も元極左の闘士である。福島瑞穂も極左に分類出来る経歴を持つ。「どうせ来年の参院選までの生命だろう」と見られているが、宇宙人鳩山が率いる民主党内閣だ、その通りに事が運ぶかどうか。

小沢幹事長も予想通りの展開であった。民主大勝が予想された時期小沢氏は「例え勝利しても私は今のままでいい、他のポストは考えていない」と発言した筈。今は来年の参院選に集中している様に見えるが、ポスト鳩山の後釜にとの思いが皆無とは思えない程生臭い男が小沢一郎である。

わが郷土から鳩山を囲む三羽鴉と云われていた松野頼久が副官房長官に選ばれた。本人は有頂天の様だが、筆者は「今回は辞退すべきではなかったか」と個人的に思った次第。役が付けばメディアの視線は厳しくなる。二年程前に在京のジャーナリストから松野氏の私生活に係る情報が齎された。今後は自制が必要だろう。松野はまだ若く将来性も期待されているが、鳩山が倒けたら一蓮托生、自分も倒ける事になる。熊本一区の松野の得票の限界も今回見えた。絶対安全というパイはない。
最新コラム | 過去のコラム一覧





素行・不倫調査専門 実績と信頼の会社です

創業以来三十八年、熊本市で一番古い探偵社として地元企業からの特殊調査依頼や、弁護士からの依頼を受けております。
一般の人々からも「安心できる探偵社」として厚い信頼を得ております。
調査相談でよく「素行調査で七十万円払ったが結果が出ない」とか「最初に約束した金額を培に上げられ払わないと訴えると脅された」等があります。この悪評は残念ながら事実です。熊本でのパイ(調査依頼人)は限られていますが、業者が多すぎるのです。従って依頼人一人から出来るだけ高い調査料を取ろうとするから自然と料金を高く吹っ掛ける訳です。
当社は、調査を受ける時上限の金額を決め、期間が長引いても同額で結果が出るまで調査を行います。相談は一切無料、秘密厳守です。

水道町電停前 (有)アサヒ調査 電話354-8436番



*
  * *