熊本県民新聞 WEB版
本紙の信条

トップページ
購読のお申込み
秘密厳守します!情報をお寄せ下さい。
コラム
バックナンバー
お問い合わせ


■ 発 行 所 ■
〒860-0844
熊本市水道町1-27

発行者:福島 宏

電話:(096)354-8439
FAX:(096)354-8440


* コラム [毒含流行論]
2016年5月号掲載
落日左翼の最後の足掻きか
異常な「日本会議」たたき

 今何故か「日本会議」ブームである。平成28年春頃から先ず新聞メディアがちらほら書き出し、後に特集を組む迄成長した。リベラルと呼ばれる朝日、毎日、東京新聞などがそれである。前後して週刊金曜日、週刊朝日などが特集した。同時に「日本会議の研究」(扶桑社新書)なる単行本も発売された。

 筆者がこの本を購入したのは第4版(6月1日発売)である。第1版が5月1日発行であるから、僅か1カ月で4版を重ねた事になる。メディアによると15万部を超えたという。で、購入した。「日本会議の研究」(菅野完著)に目を通したが、数頁で本を閉じた。余りにも偏った論調と、小汚い文面に概ねその中身を感じたからである。著者は自称「右翼で保守」と宣っているが、この本を読んで「そうだな」と共感する者が居るのだろうか。同書10頁「『日本会議周辺の保守論壇人は異質だ』『日本会議周辺は、これまでの保守や右翼とは、明らかに違う』集めたサンプルを虚心坦懐に読み解くと、そう結論づける他なかった」紙幅の都合で、この文を例に挙げた。心ある人、常識人にはこれで充分に著者のレベル、人柄を知る事が出来るであろう。発行元と著者には日本会議から150項目以上の誤り、虚偽を指摘した抗議が行われたと聞く。

 トンデモ本の「日本会議の研究」はこの位にして、今何故「日本会議」ブームなのか。しかも安倍晋三首相に「絶大な影響力を持っている」に至っては正に「噴飯もの」である。公称会員数3万8千人の穏やかな保守系民間団体に一体何が出来るのか。筆者も日本会議の一会員である。年会費を収めて毎月発行の機関紙「日本の息吹」が送られてくる。内容も、皇室の動向を「他誌より少し詳しく」報じている。左翼連中が謂う所の「保守文化人」らが、日本の独立、防衛、教育の在り方について、夫々の立場から論じているだけである。国政、地方を問わず選挙となれば同じ思想、理念を持つ人を推薦する。推薦するが、何処かの党の様に強制はしない。一言で云うなら「日本の伝統文化を守り、自主独立精神の確立」であり「それを子孫に伝える責務を負っている」ではないか。水鳥の羽音に驚く輩には通じまい。
最新コラム | 過去のコラム一覧





素行・不倫調査専門 実績と信頼の会社です

創業以来三十八年、熊本市で一番古い探偵社として地元企業からの特殊調査依頼や、弁護士からの依頼を受けております。
一般の人々からも「安心できる探偵社」として厚い信頼を得ております。
調査相談でよく「素行調査で七十万円払ったが結果が出ない」とか「最初に約束した金額を培に上げられ払わないと訴えると脅された」等があります。この悪評は残念ながら事実です。熊本でのパイ(調査依頼人)は限られていますが、業者が多すぎるのです。従って依頼人一人から出来るだけ高い調査料を取ろうとするから自然と料金を高く吹っ掛ける訳です。
当社は、調査を受ける時上限の金額を決め、期間が長引いても同額で結果が出るまで調査を行います。相談は一切無料、秘密厳守です。

水道町電停前 (有)アサヒ調査 電話354-8436番



*
  * *