熊本県民新聞 WEB版
本紙の信条

トップページ
購読のお申込み
秘密厳守します!情報をお寄せ下さい。
コラム
バックナンバー
お問い合わせ


     ■ 発 行 所 ■

     熊本県民新聞社

 〒860-0844
     熊本市水道町1-27

 発行者:  福 島   宏

  電話: (096)354-8439
  FAX:  (096)354-8440

 

 







 
 

前回定数18〜21新人総崩れ

今回新人2、3人、有望か -現職三人が苦戦中-

 
■県議選熊本市区、前回より定数は2減の16人、これに対し現職16人、新人7人が挑む。

引退は自民党古参議院の八浪知行、無所属の田上泰寛の2人。

田上の後継は西聖一(46)であるが、先ず安全圏と見られている。

自民現職は、次期議長が約束されている村上寅美(67)、倉重剛(71)、馬場成志(42)、小杉直(60)、中原隆博(55)、藤川隆夫(54)、井手順雄(47)の7人がそのまま公認を受けた。

この七人の中で危機感を強めているのが、資金難が伝えられる倉重、中原、女性問題で某紙に叩かれた井手の三人・・・・・

※ 上記内容の続きは、本紙購読にてご覧ください。

現職の壁を破るのは誰?
 若さが売りの七新人
■新人7人の内、当確?が約束されているのが西聖一(46)である。

西は熊高から九大農学部に進み、卒業後熊本県庁に入庁。仕事もしたかもしれないが組合活動に励み、この程自治労先輩格の田上の引退の後を受けて出馬する。

住所が鶴羽田の為、田上の様に西部地区を纏めきれるか不安の声もあり、田上が西部で集めた五、700票を切れば危いとの見方もある。

次に「今度は当選するだろう」と見られているのが前回次点に泣いた濱田大造氏(36)である。当選の根拠は「前回次点だったから」との単純計算。

次回は、民主党の公認を受けての出馬だが、連合内部で議論もあり、民主公認が必ずしも票の上積みになるとは限らない・・・・・


2面記事に進む >>                   ※ 上記内容の続きは、本紙購読にてご覧ください。

購読のお申し込みは、こちらから!